カテゴリ:講演会( 6 )

第3回講演会を開催しました。

f0294694_2212957.jpg
9月28日、大圃研先生の講演会「最先端の消化器内視鏡治療」を開催しました。
国内でトップレベルの粘膜剥離術(ESD)の名手(=世界のトップレベル)の大圃先生の御講演。「難解なお話になるかな・・・。」と思ったのは杞憂でした。消化器がんの成り立ちに、最近のトピックスを織り交ぜ、とてもわかりやすく解説してくださりました。大圃先生の軽妙な語り口に笑い、内視鏡治療のビデオ画像に思わず引き込まれ、あっという間に1時間。参加された皆様からのたくさんのご質問にも、丁寧にお答えいただきました。
 大圃先生、お忙しい中、羽田空港から当院まで駆けつけてくださりありがとうございました。
 
 最近、たくさんの患者様にご来院いただき、診療でお待たせする時間が長くなり申し訳ございません。また、内視鏡検査の予約待ち期間もすこしずつ長くなっています。充実した診療を行い、迅速に診療や検査を行うことを最優先に考えています。月1回、土曜に開催してきました講演会は、土曜の診療を優先するため、開催の間隔を少しあけさせていただくことにしました。次回講演会開催が決まりましたら本HPにてご連絡させていただきます。
 
[PR]
by nbec | 2013-10-20 22:14 | 講演会

第2回講演会を開催しました

 8月31日(土)16時から当院にて亀田メディカルセンター・乳腺センター長の福間 英祐先生をお招きして第2回講演会『患者様を中心に大きく変わった乳がん診療』を開催しました。福間先生は乳腺内視鏡手術を世界で初めて開発した先生で、現在は「切らない乳がん治療」の『乳がん凍結療法』を世界最先端で研究されている外科医です。
 1時間30分にわたる講演では、これまでの乳がんの診断、治療の歴史、欧米と日本の乳がん診療の違い、そして乳がん診療の未来について、わかり易く、時には笑いを交えながら説明してくださりました。
 乳がんに罹患される女性は、仕事、子育てや家事などたくさんの責任ある立場におかれています。患者さんのキャリアを傷つけずに、しっかり治療することの大切さを福間先生は訴えておられました。患者さんを脅かす検診ではなく、安心するための検診、そして治療も同様の視点が大切です。私も、患者さんの生活を見つめながら診療を続けたいと思いました。

f0294694_12435998.jpg

 8月最終週の土曜午後にもかかわらず30名の方々にお集りいただきました。福間先生には講演後に、たくさんの皆様から質問にも丁寧にお答えくださり、最後まで熱気の帯びた講演会でした。参加してくださった皆様、そして福間先生、ありがとうございました。
 
[PR]
by nbec | 2013-09-04 12:45 | 講演会

第2回講演会のお知らせ

第2回講演会 2013年8月31日(土) 16:00 〜 17:30

「患者様を中心に大きく変わった乳がん診療」

福間 英祐先生
  亀田メディカルセンター乳腺センター長、乳腺科主任部長、日本乳癌学会評議員
  聖路加国際病院外科、メルボルン大学外科、帝京大学溝口病院外科を経て
  2000年より亀田総合病院乳腺外科部長

 乳がんの診断、治療はこの20年間で大きく変わりました。
しこりになる前に診断する技術、見張りのリンパ節検査、そして乳房温存術や内視鏡手術の確立。現在は「切らずに治す凍結療法」など新しい治療法も試みられています。
 常に世界の最先端で研究、診療を続けている福間先生に、やさしく、わかりやすく、乳がん診療の現在、過去、未来を説明していただきます。

  世界で初めて内視鏡で乳がんの手術を行った外科医で、これまで「神の手」「日本の乳がんの名医」として、テレビ等で何度も報道されきた先生です。
現在は、切らない治療「凍結療法」の先駆者として世界的に有名です。5月にはアメリカのWall Street Journalで取り上げられました。当院院長の亀田総合病院時代からの恩師です。

各回、定員は30名です。当クリニック受付にて御参加される方の登録をしています。
ご来院いただくか、電話でお申し込みください。講演会のあと、お茶と軽食をお供に懇親会を
予定しています。お気軽にご参加ください。
f0294694_6344254.jpg

[PR]
by nbec | 2013-08-19 06:35 | 講演会

第1回講演会を開催しました

 7月27日(土)16時から当院にて国立がん研究センター中央病院胃外科医長の深川剛生先生をお招きして第1回講演会『知っておきたいがんの知識:胃がん』を開催しました。日本は胃がんの診断、治療では世界を引っ張っている先進国で、深川先生はその先頭でご活躍されている気鋭の外科医です。
 7月最終週の土曜午後にもかかわらず30名の方々にお集りいただきました。胃がんの診断、治療の基礎知識、治療の歴史、日本の胃がん治療の現状、最新の胃がんの診断、治療、そして世界の胃がん治療について1時間、わかりやすく楽しい講演でした。
 医療は医師の個人力によるところが大です。診断技術のある内視鏡の専門医であれば微小病変を発見することができます。しっかりした診断教育を受けてきた内視鏡医が早期診断をすること。そして、進行胃がんに対しては、最新の腹膜播種の診断、治療を行い、正しいD2廓清の手術と熟練した合併症管理のできる医師にみてもらうことが、胃がんの予後改善のキーポイントであることを今回の講演会で学びました。
 深川先生、大変ご多忙の中、ご講演いただきありがとうございました。
さらに、講演終了後の懇親会にもご出席いただき、私たちのたくさんの質問にもお答えいただきました。(次の予定をキャンセルして懇親会にご出席賜りありがとうございました)。
参加された皆様からは、
「とても勉強になりました。」
「これまで知らなかったお話しを大変わかりやすく説明していただき、参加してよかったです。」
「第2回も是非参加したいです。」
など、たくさんの感想をいただきました。ご参加ありがとうございました。
f0294694_2355924.jpg

第2回は8月31日、福間英祐先生の『患者様を中心に大きく変わった乳がん診療』です。
[PR]
by nbec | 2013-07-31 23:09 | 講演会

【第2回講演会】 福間 英祐先生 2013年8月31日(土)

第2回 講演会 2013年8月31日(土)16:00~17:30

亀田メディカルセンター乳腺センター長
福間 英祐先生
「患者様を中心に大きく変わった乳がん診療」


世界で初めて内視鏡で乳がんの手術を行った外科医です。
現在は、切らない治療「凍結療法」の先駆者として世界的に
有名です。5月にもアメリカのWall Street Journalで取り上げられ
ました。当院院長の亀田総合病院時代からの恩師です。

私たちのクリニックが出会いの場、安心の毎日、豊かな生活の役に立てればと願っています。
各回、定員は30名です。当クリニック受付にて整理券をお配りしています。
講演会のあと、お茶と軽食をお供に懇親会を予定しています。お気軽にご参加ください。


f0294694_11151043.png

[PR]
by nbec | 2013-06-04 11:15 | 講演会

【第1回講演会】 深川 剛生先生  2013年7月27日(土)

講演会 第1回 2013年7月27日(土)16:00~17:30

国立がん研究センター中央病院胃外科医長
深川 剛生先生
「胃がん治療の up date」


東京大学第一外科を経て、現職。 
世界の胃がん治療最先端をリードする先生です。
当院院長の東大第一外科勤務時代の恩師です。
胃疾患の患者さんの治療では、副院長と綿密な医療連携を
とっています。

私たちのクリニックが出会いの場、安心の毎日、豊かな生活の役に立てればと願っています。
各回、定員は30名です。当クリニック受付にて整理券をお配りしています。
講演会のあと、お茶と軽食をお供に懇親会を予定しています。お気軽にご参加ください。



 f0294694_1162423.png
[PR]
by nbec | 2013-06-04 11:10 | 講演会